hiro kawabata/ chiho kawabata

jewelry design
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

GAllery T.K.ARTでの作品展のご案内(2018春)

0

     

    h/c.kawabata(ヒロカワバタ/チホカワバタ)

    ■ Email : info@hc-kawabata.com ■ 

    ■   Instagram  :  hc.kawabata_hirokawabata  ■

                

                                 2018

            5月12日(土)〜5月20日(日)

                 Gallery T.K.ART

         h/c. kawabataジュエリー作品展

           〜天界の記憶〜

     

    前回の投稿でも書きましたが、今シーズンのコレクションタイトルは天使です。

     

    天使コレクションの新作は、約15年ぶりになります。

    思い起こせば '96年に初めて発表したコレクションは天使の翼をイメージさせる有機的で具象的な表現でした。

     

    それから天使コレクションの発表を重ねる度に、少しづつ抽象的な表現へと変化させてきましが、その表現を繰り返す中で、その時点でのアイディアは出し尽くした…感があり、スケッチブックに描くデザインはどれも新鮮さに欠けるものばかりで、新しいアイディアに満足出来ないまま15年が経過した…、と言う感じです。

     

    そのような理由もあって、今回はより大胆な変化を求めて、新しい解釈でトライしてみようと考えました。

    そこで参考にしたのが彫刻家、西野康造氏の繊細で複雑な線による翼の表現です。

    この写真は、ニューヨークのグラウンドゼロ、世界貿易センタービルの跡地に新しく建てられたビルのエントランスを飾る巨大彫刻で、航空機の構造体を思わせる、おおらかで美しい曲線が印象的な彫刻です。

     

    軽量チタン素材で大変複雑に組み上げられており、数カ所に設けられたヒンジでわずかな風で揺らめきます。

     

    この作品の最大のポイントは、巨大なサイズの彫刻なのに空気のように軽やかで重力さえ感じさせないところです。この相反する要素を両立させているところが本当にすばらしいと思います。

     

    また、作品集のタイトル ”sky memory” にも強く引かれました。

    空の記憶… 空を、天界を自由に舞っていた時の記憶…、今は訳あって地上にいるのだけれど…。勝手にそのようなストーリーを頭の中で描いてしましました。

    と言うのも、そのストーリーで創作したデザインが過去にあったからです。

    '98年発表のネックレス。バチカンのシスティーナ礼拝堂にあるミケランジェロのフレスコ画の一場面、楽園追放からイメージしてデザインしています。

    写真センターの緑はこの題材に出てくる知識の木をイメージして撮影しました。

     

    その木に巻き付き、アダムとイブに禁断の果実を渡しているルシフェルのシルエットと、このネックレスのイメージが重なると思います。

    神様に挑んだ戦いに破れ、地上へと落とされた堕天使であるルシフェルの天界の記憶…。このネックレスのストーリーを受け継ぎ、新しく表現するキーワードとしてこの”空の記憶”はとてもマッチしていると思ったのです。

     

    西野さんの作品集から引用し、今回の作品展の題名を ”天界の記憶” としたのはそのような理由からです。

    航空機の構造体をイメージしたボディーを中心に翼を線表現で立体的に交差させました。写真に写り込んだ影をご覧いただくと、どのように複雑に交差しているのかを読み取っていただけるのではと思います。

     

    同じ考え方でデザインしたピアスです。合わせてコーディネートをする事を考慮して、線のシルエットはネックレスとは違い、あえて羽のカタチを避けてデザインしました。単純なフープピアスとは違った立体感がデザインポイントです。

    大変細い金属の線表現ですので、海外のインポートジュエリーのようなサイズ感でデザインしました。

     

    と…、今回の投稿、とても前置きが長くなりましたので、本題の各デザインについてのご説明は会場でご説明させていただきたいと思っております。

     

    この春夏は、ボリュームのあるシルバーアクセがコーディネートに欠かせないアイテム…、そんな気運が高まって来ている感じがします。

     

    今回の最新作だけでなく、過去の作品からも、皆さんお一人お一人の気分に合った作品に必ず出会っていただけると思っておりますので是非足をお運び下さい。

    ギャラリーでお待ちしております。

     

    h/c.kawabata  ジュエリー作品展

    5/12(sat) ----5/20(sun)

    ギャラリー営業時間 am11:00 --- pm 8:00

    ※作品展期間中の作家在廊時間 pm1:00 --- pm7:30
    ※ 5月15日(火)は定休日です。 ※

    GALLERY T.K.ART
    〒542-0086
    大阪市中央区西心斎橋1-10-5
    TEL : 06-6282-1456  FAX : 06-6282-1457

    - | permalink | comments(0) | - | - | -