hiro kawabata/ chiho kawabata

jewelry design
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2011春夏コレクション | main | 横浜での作品展2011秋 >>

デザインに影響を与えるもの

0
    h/c. kawabata (ヒロカワバタ/チホカワバタ)


    夏の胸元に涼しげな、シルバーと水晶を組み合わせた”アクア”とタイトルしたネックレスです。
    タイトル通り水をイメージしていますが、このようなデザインを行う時にいつも影響を受けているガラス作家さんの作品があります。


                    小口 千鶴子さん作 
    このキャンドルスタンド(背の低いロウソクをセットするタイプです。もちろんそれ以外でも色々と使えそうですが…)は昨年の作品展で購入しました。
    彼女の作品には具象的なモチーフなど色々なスタイルがあるのですが、特にこの水滴をモチーフにしたシリーズが一番のお気に入りです。
    このシリーズをじっくり眺めて、心地よく感じるのはなぜか…と、色々な角度から分析したりします。
    そこに感じるのは、蓮の葉にたまった水滴の表情や、丸みをおびた河原の小石のような厚みのある膨らみなど、人が心地よく感じる要素が自然と含まれているからなのかな…と思います。
    そこで見つけたディティールの細かなポイントを組み合わせて、シルバー素材で水の表現を試みました。


    そのネックレスに合わせるリングは、随分以前に発表したコレクションで、海の泡をイメージしたシリーズです。
    こういった気泡や水滴を表したカタチというのは普遍的な物だと思っていますので、過去に発表したコレクションでも、デザインに古臭さは感じないと思っています。


       ちなみに小口さんの作品にもバブルシリーズがあります。

    ただ、このリングは彼女の作品と出会う前に発表していますから目指す所が同じ作家であれば、考え、感じる世界は同じなのかな…、と。


    彼女の作品には景色が見えますね…。
    ピンと張った早朝の静かな湖面に何かが落ち、生まれた波紋…。鏡のように張りつめた湖面に動きが生まれたそんな瞬間でしょうか。その波紋の音を感じる事でそれ以前までは気づかなかった静寂を改めて強く感じる…。そんな景色です。

    このシリーズを含め、小口さんの作品はギャラリーティーケーアールで購入できます。
    私達の作品をご覧いただく時、是非、彼女の作品も合わせてご覧ください。



    ■ブログサイトの変更に伴い記事以外の多くの部分がサイトの広告等に使用されております…。LINKS項目はブログサイト側の物で、記事内容との関連はありません。■

    ※ブログコメント以外のアクセス(http://hc-kawabata.com)





    - | permalink | comments(0) | - | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする