hiro kawabata/ chiho kawabata

jewelry design
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新作のヒント探し… | main | ギャラリーティーケーアールでの作品展のご紹介 >>

新作のヒント探し…その続きです

0

    h/c. kawabata (ヒロカワバタ/チホカワバタ)

    前回、横浜での作品展のご案内をはさみましたので、前々回の続きです。



    花びらについた朝露をモチーフにデザインする。
    花など、植物を写真撮影する時に、霧吹きで水滴を付けていた事で思いついたこのデザイン。


    当初はシルバーのおおらかな面の上に付いた水滴をイメージしてスケッチを始めていましたが、今回の主役は花ではなく小さな水滴です。
    ですから、そこに目がいくような配慮を…と考えモチーフ全体を面ではなく、アウトラインで表すことにしました。(このデザイン変更のポイントについて、さらりと書いておりますが、かなり色々と悩みました…。)


    花びらをかたどったラインの上に、朝露をイメージした天然石を配します。(写真の石は濃いブルーが鮮やかなアイオライトです。)そして、それらを角度を変えて交差させ、立体的な花にしていきました。

    さらに、チェーンではなくシルバーの線材を組み合わせたチョーカーとしてまとめることで ”大小の楕円のライン” が幾重にも重なる彫刻的な世界が表現出来たと思っています。

    この楕円が重なるイメージは天体の軌道を示した天球儀を思わせます。
    楕円の上の水滴はさながら惑星のようです。

    作品の中で使用している天然石が浮遊する、自由を感じると言ったイメージは過去の作品に共通するテーマです。
    今回のチョーカーはそのテーマを新しいカタチで見せることが出来たのではないか、と考えています。

    さて、恒例の冬のギャラリーティーケーアールでの新作展が迫って来ております。

    この写真を案内状のメインビジュアルにしようと考えていますが、この作品を含め出来るだけ幅のある作品をご覧いただくべく、ただ今、追い込みに入っているところです。

    次回はゴールドの作品についてご案内出来ればと思っています。


    ■■ブログコメント以外のアクセス(http://hc-kawabata.com)■■




     

    - | permalink | comments(0) | - | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする