hiro kawabata/ chiho kawabata

jewelry design
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< シンプルモダンに至るまで | main | モダンアートコレクション >>

春の新作展のご案内

0

     h/c. kawabata (ヒロカワバタ/チホカワバタ)
     
     2013年 春 h/c.kawabata ジュエリー作品展
          5月22(水)〜 27日(月)
                      ※最終日は4:00まで

    いよいよギャラリーティーケーアールでの作品展が迫ってきました。これが今回のご案内のDM用に撮影した写真です。
    写真全体をアート作品に見立てたいと思いましたので、ルネ・マグリッドをイメージした空間にネックレスを彫刻のように配しました。(小部屋のようなセットを実際に組み立てて、ネックレスを中と外にぶら下げて撮影しています。結構大変でした…。)


    前回まで、制作過程をご紹介したこのネックレスを付けた時のイメージ写真や、それ以外の作品についてのご案内をしたいと思います。


    ゴールドバーションのネックレスです。センターのゴールドビーズを動かすことで、洋服の襟のラインに合わせてチェーンの角度を変えることが出来ます。

    繊細なゴールドコレクションは、チャームスタイルが中心です。

    このパールやカラーストーンなど、一つ一つにゴールドのサークルをセットしました。

    シンプルでも束ねることで生まれる表情がこのスタイルのポイントです。
    もちろんお好みにより数を増やしたり、単品にしたりとコーディネートが自由なのも大きなポイントです。

    アースカラーダイヤモンドコレクションにもチャームスタイルを加えました。



    3ミリ、4ミリのローズカットのダイヤをセットしたトップを写真ように重ねることができます。

    ペンダントトップはリングを小さくしたようなデザインですが、リング上部にひねりを加える事で常に石部が前を向くように工夫しました。


    そして今回からクリアダイヤのバージョンも加えます。アースカラーダイヤと組み合わせることでさらなる奥行きが生まれると思います。


    多種多様なファッションスタイルが存在する今の時代。素材が持つ表情(味のあるダイヤなど)をご覧いただく物と、アースティックなモード感をご提案した物など、作品の方向性は様々ですが、どちらもこの半年間の試行錯誤をカタチにした力作です。

    是非ギャラリーティーケーアールでご自身に合わせてみてください。







    ■■ブログコメント以外のアクセス(http://hc-kawabata.com)■■









     

    - | permalink | comments(0) | - | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする