hiro kawabata/ chiho kawabata

jewelry design
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Gallery T.K.ARTでの作品展 Part1 | main | 作品展会場のレポート >>

Gallery T.K.ARTでの作品展のご案内Part2

0

     h/c. kawabata (ヒロカワバタ/チホカワバタ)
     
     2013年 h/c.kawabata ジュエリー作品展
          12月18(水)〜 27日(金)

    今回は、作品展のご案内パート2です。
    メインビジュアルのスパイダーウェブの作品以外に、出品するコレクションについてご説明したいと思います。

    夏に書いたブログの記事で、ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催されていたパンクムーブメントの展覧会を見て、ちょっと影響を受けそうです。と書きましたが、その影響をカタチにしたのがこのリングです。

    象徴的なモチーフであるスタッズ(びょう)を、四角いプリンセスカットのダイヤモンドを裏側にして止めることで表現してみました。

    もちろんモチーフがスタッズですから、ロックなテイストですが、コンパクトなサイズ感にまとめていますのでエッジは立っていてもエレガントな空気感は出ていると思っています。
    もう一本は石なしのスタッズリングです。こちらはさらに繊細な印象になるようにデザインしました。


    指輪以外のアイテムとしてはピアスとネックレスっですが、ここは、最小限のシンプルな記号としてまとめました。
    このボリューム以上になるとこのコレクションのエッジ部分のみが全面に出過ぎると判断したからです。


    ピアスは一粒のスタッズにする事で幾何学的でシンプルな印象にまてめてみました。


    ネックレスも同じ考え方です。シンプルですが、程よい強さのイメージがあります。

    さて、もう間もなく作品展が始まります。今はディスプレイなど最終準備の追い込みの最中です。このブログだけではまだまだご紹介しきれない作品も出品いたしますので、是非、会場にお越しください。





    ■■ブログコメント以外のアクセス(http://hc-kawabata.com)■■

    - | permalink | comments(0) | - | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする