hiro kawabata/ chiho kawabata

jewelry design
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 春の横浜での作品展のご案内(2014春) | main | バングルのサイズ感 >>

GALLERY T.K.ARTでの作品展のご案内

0

      h/c. kawabata (ヒロカワバタ/チホカワバタ)
     
     2014年 h/c.kawabata ジュエリー作品展
          5月10(土)〜 18日(日) 
       ※期間中の13日(火)は定休日です。ご注意ください

    春、恒例の心斎橋のギャラリーティーケーアールでの作品展のご案内です。

    前回のブログの記事で書いて来ましたドローイングコレクションの新作が今回の作品展の中心です。

    このコレクションは、美しく躍動感のある曲線が印象のほぼすべてです。ですのでとにかく、そのラインを探し続けた数ヶ月でした。

    決して極端な派手さはありません。ですが、色々な方向から見ても美しいと思える曲線。
    そして、そのラインに躍動感をあたえる線幅の微妙な変化など…一本の線に、自分の思いを込めたつもりです。
    苦心して絞り出した自分なりの答えです…。

    その答えをギャラリーで、是非ご覧いただければと思っています。


    まずは、この春、最も気になるアイテムのバングルです。
    ここ数年、ファッション雑誌では多くのバングル、ブレスレットが紙面を飾ってきていましたが、この春はその気分が本格的に高まった感…があると思い、最初にデザインしました。

    ポイントとしては、その大きさです。
    腕の所でゆったりと遊ぶサイズではなく、腕時計のように手にフィットしたサイズ感がこの春の気分かと…思います。

    ゴールドカラーとシルバー素材の、色違いを準備しています。


    こちらは、同じイメージの指輪と、チェーンブレスレットです。

    二重に回った指輪は、片方を指に触れずに浮かせる事で動きを出しました。さらにリングの断面も少しづつ変化させて、より強い躍動感を加えています。

    ブレスレットはあくまでもシンプルです。ですが、これもフィット感が大切だと考えています。
    ただし、チェーンタイプでフィットさせると言う事は、セットする時にチェーンに遊びが無い事になります。そうなると従来のフックでは難しそうです。
    そのため、最後の調整として止めやすい金具を現在制作中です。

    いつものことですが、作品展ギリギリまでこのような調整が続きますので、集中力を切らせる訳にはいきません…。

    このブログでも、もっと多くの作品をご紹介したいのですが、このようにいまだ調整中の物が多く、断片的で申し訳ありません。


    こちらは、ご案内のポストカードにも載せていましたエナメルコーティングしたピアスです。


    前から見た時に、見えるフープの裏側面の、鮮やかなエナメルカラーがデザインのポイントです。サイズもさりげない大きさです。

    などなど、まだまだご紹介しきれない作品たちに是非出会っていただきたいと思っております。
    ギャラリーでお待ちしております。


    ※ギャラリー会場についてご案内です※
    今回は、常設スペースを使用しての作品展となります。いままでの会場とは異なりますのでご注意ください。(すぐ隣ですが…)



                               
              GALLERY T.K.ART
           大阪市中央区西心斎橋1-10-5     Tel:06-62821456

          11:00am----7:30pm    18日最終日は5:00pmまで
          ※13日(火)は定休日


    ■■ブログコメント以外のアクセス(http://hc-kawabata.com)■■

    - | permalink | comments(0) | - | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする