hiro kawabata/ chiho kawabata

jewelry design
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Gallery T.K.ARTでの作品展(2014冬) | main | ようやくまとまって来ました >>

Gallery T.K.ARTでの作品展(Part2)

0

     h/c. kawabata (ヒロカワバタ/チホカワバタ)

     

                      12月19日(金)ー 12月28日(日)

    ギャラリーティーケーアールでの作品展まで、一週間を切りました。この週末にようやく…、出品作品の準備がおおよそ出来上がって来たところです。

    作品展のご紹介、今回はそのPart2です。

     

     

    建築をテーマにした今回のコレクション。

    (ポストカードのメインビジュアルのネックレスは、この冬流行しているボリュームのあるセーターにもビクともしない存在感です…。この写真には、合わせてイヤリングも装着しているのですが、このイヤリングは日を改めてご紹介いたします。)

     

     

    建物の構造体をイメージしたパーツにチェーンを張り、それを繰り返す事で大きな存在感を出したシルバー作品に対して、その考え方を最小限で表現しようと考えたのが、同じコレクションのゴールドラインです。

    出来るだけシンプルなデザインに仕上げたトップに ピン、と張ったゴールドのチェーン。

    その間にダイヤモンドを配しました。

    このネックレスのために、特別に手配したレーザーホールダイヤを彫刻のように浮かせたデザインです。

    (一つ穴のホールダイヤはよく見かけると思いますが、このデザインのためにさらに加工を加えました。)

    直線的なフォルムに加わるダイヤの浮遊感…。

    過去のコレクションでも、共通のテーマとして表現してきた浮遊感と言うキーワード。このネックレスでは、さらに新しい見せ方が出来たのではないか…。と思っています。

    (写真のアングルが上からですので、少しコンパクトなボリュームに見えますが、実物はもう少しボリュームを感じます。 素材:K18YG ダイヤモンド)

     

     

    このネックレスに合わせるピアスに…、と考えたのは素材感を生かしたミニマムな四角のゴールドの塊です。

    ネックレスのイメージを持たせつつ、シンプルでも存在感のある空気感が特徴です。(耳たぶの凸に合わせて少し斜めにセットするとクールです。)

     

     

    このように、このコレクションの世界観を強く表現した物からデザインをスタートさせ、そこから要素を少しづつそぎ落としたデザインへと発展させた物がゴールドラインです。(いつも例えとして書いていますが、和食をイメージしたマイナスのデザインです。)

     

     

    その流れからデザインされた、ネックレスです。

    3次元的に組合わさった直線だけでこのコレクションを表現しています。(素材:K10YG)

     

     

    ピアスは2種類、デザインしました。

    横幅が8ミリのショートと、14ミリの幅のロングです。(素材:K10YG)

     

     

    そのピアスのショートをイメージして、さらにミニマムにまとめたネックレスを合わせていただくのも ”アリ” だと考え、同じデザインのネックレスも最後にコレクションに加えました。

    本当にシンプルですが、このネックレスとピアスがアーキテクトコレクションを突き詰めたカタチなのかもしれないと思っています。

    随分と遠回りしていますが、それだけの道のりが無いとカタチに説得力が生まれないのでは…と考えています。

     

    さて、作品展まで後わずかですが、

    ディスプレイの準備と平行して、出品作品を今回載せた写真以外にもまだ仕上げている物が残っています…。

    いつもの事ですが、最後の最後まで悪あがきしてみます…。

     

    会場でお待ちしております。是非足をお運びください。

     

    ギャラリーティーケーアール

    大阪市中央区西心斎橋1-10-5  tel:06-6282-1456

     

    h/c.kawabata ジュエリー作品展2014

    12/19(金) --------12/28(日)     11:00 am------ 7:30pm

    ※期間中は休まず営業いたします

     

    ■■ブログコメント以外のアクセス(http://hc-kawabata.com)■■

     

     

     

     

     

     

    - | permalink | comments(0) | - | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする