hiro kawabata/ chiho kawabata

jewelry design
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 春の横浜での作品展のご案内(2016春) | main | SEAコレクション2016 >>

Gallery T.K.ARTでの作品展のご案内(2016春)

0

    h/c. kawabata (ヒロカワバタ/チホカワバタ)

         h/c.kawabataジュエリー作品展
        2016  5月14日(土)  -------  5月22日(日)



    前回の記事(横浜での作品展のご案内)では、未来的なバングルを中心にコメントを書きましたが、
    今回の心斎橋のギャラリーティーケーアールでの作品展では、さらに進んだ季節に活躍させていただきたいコレクションをご紹介します。

    昨年の春夏は、存在感のあるバングルやリングなど、ボリュームのあるジュエリーをご提案する事で、シンプルでモダンになってきたファッションに、さらなる洗練さを加えたい…。がテーマでした。

    このテイストを選んだのは、
    ファッションのサイクルが一周し、約20年の時を経て再び戻って来たシンプルモダンな洋服には、ボリュームジュエリーの世界感が受け入れられると考えたからでもありました。


    この春夏も引き続き、白のゆったりとしたサマーセーターや、透ける素材やオーガンジーを重ねたレイヤードなど、スッキリとしたファッションが気になります。(もちろんファッション全体を見渡すと、色々なテイストが存在するのですが…)

    そして、その気になる白の世界には、過去に発表した海の泡をイメージしたSeaコレクションが、シンプルな中に新たに少し要素を加えるジュエリーとしてピッタリだと考え、このコレクションに新たな作品を加えようと思ったのです。


    例えばこのリングは、珊瑚礁をダイビングしている映像などで、ダイバーから出る泡を上から見た印象をカタチに落とし込んだ作品で、1995年に発表したものです。

    球体をランダムに、いくつも組み合わせる事で複雑に反射する光が華やかな印象です。

    そして、
    2016年版の新作ではこの世界観に、新たに水晶の透明感を加えたいと考えました。


    透明な球体の水晶に写り込んだ周りの景色が、とても瑞々しい印象です。


    このように新たに加える新作と、過去のリングを自然にコーディネート出来るという事は、20年前にデザインした物が決して古くなっていない事を改めて確認する、私にとってとても大切な機会でもあるのです。
     

    このメインビジュアルのモダンなチョーカー以外にも、通常のネックレスのカタチの物や、ピアス、イヤリングなどデザインも豊富に準備しています。(ただ、その写真の準備が追いついていなくて…申し訳ありません。)


    もちろん前回にご紹介しているバングルなどのドローイングコレクションも、合わせて出品いたします。
    是非ご覧ください。
    ギャラリーティーケーアールでお待ちしています。

    ※作品展期間中の作家在廊時間 pm1:00 --- pm7:30
     

    ギャラリー営業時間 am11:00 --- pm 8:00
    ※ 最終日はpm 5:00まで
    ※ 5月17日(火)は定休日です。 ※

    GALLERY T.K.ART
    〒542-0086
    大阪市中央区西心斎橋1-10-5
    TEL : 06-6282-1456  FAX : 06-6282-1457


    ■ブログコメント以外のアクセス(http://hc-kawabata.com)■

    - | permalink | comments(0) | - | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする