hiro kawabata/ chiho kawabata

jewelry design
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 秋の横浜での作品展のご案内(2016秋) | main | Gallery T.K.ARTでの作品展のご案内Part2 >>

Gallery T.K.ARTでの作品展のご案内Part1(2016秋)

0

    h/c.kawabata(ヒロカワバタ/チホカワバタ)

    ■ Email : info@hc-kawabata.com ■ 

    ■   Instagram  :  hc.kawabata    ■

     

          Gallery T.K.ART    h/c.kawabataジュエリー作品展

    2016  12月17日(土) -----12月25日(日)

    心斎橋のギャラリーティーケーアールでの作品展に向け、ようやくご覧いただけるビジュアルもまとまって来ましたので、やっと…のご紹介です。

       今回のポストカードのメインビジュアルのネックレスです。

     

    前回のブログ記事でも少し触れましたが、この秋冬の作品のテーマに選んだのがアメリカモダンアートの先駆者、ジョージア・オキーフです。

    元々、大好きなアーティストでしたので、彼女の世界観をイメージしたアイディアスケッチは随分前のスケッチブックを見返してみても度々登場していました。

    この秋冬の作品のテーマについては、色々な候補を検討していましたが、今年の夏にロンドンのテート・モダンギャラリーで彼女の回顧展が開かれた事で、様々な雑誌でもこの話題を目にしていました。その記事に触発されて、迷ったあげくようやくオキーフに決まった感じです。

     

    今までも、作品が出来上がるまでのエピソードとして、テーマを決めてアイディアスケッチを描き始めても中々短期間でまとまらない…と書いてきましたが、今回のテーマでもやはり、そのパターンでした。

    彼女の作品は、画面いっぱいに描かれたケシの花や、ほとんど抽象絵画に見える建物など様々ですが、中でも好きなのが彼女の代表作とも言える画面に浮かんだ牛の頭骨のシリーズです。(牛以外にも美しいツノを持った動物なども…)

    その画面からは、生命、死、静寂、乾いた空気…、などなどが感じられます。

    ただ、それらのキーワードを単純にカタチにすると、かなり角(カド)のたったオブジェになってしまうおそれがありましたので、それを、時代の空気に合ったエレガントなジュエリーへと落とし込む必要がありました。

    と、ここまでは、小難しいコンセプトの話です。

    ここ数シーズンのトレンドは、ゆったりラインの代表格のガウチョパンツ、さらにこの秋、よく街で見かける超ワイドパンツなど、ゆったりを超えてオーバーサイズのビックシルエットが本格的になり、気になっている方も多いのではと思いますが、

    このビッグシルエットで気を付けたいのが、オシャレのつもりが単なるルーズになってしまいう点です。

        縦に長いラリエット風ロングネックレスです。

     

    そこで今回のコレクションではそう言った横に広がりがちなシルエットを引き締めるためにロングネックレスなどの”縦のライン”を加えるジュエリーを多くデザインしようと考え、それをキーワードに、このオキーフのツノや頭骨の造形のイメージを落とし込む事で今回のコレクションの方向性をまとめ上げました。(ただし、あくまでもエレガントである事は忘れずに…)

    このラリエット風のネックレスのトップのデザインは、シャープではありますが、あまりツノや骨をイメージさせないよう少し植物を思わせるテイストに仕上げました。

     

    今回の記事の一番上の写真や、このネックレスなどは最もオキーフの世界観を表現出来ているデザインだと思っています。少しツノを思わせる造形や、浮遊しているバロックパールなどは、その象徴です。

     

    そのバロックパールのみを使いシンプルで長いネックレスもデザインしました。コンセプトはそのままに、要素を出来るだけ削ぎ取った、装いに合わせやすいデザインです。

    独特の表情のバロックパールだけでも、このシリーズの世界観を出せていると思っています。

     

    このように、オキーフの世界観をわかりやすくビジュアルにした作品から、付けやすさを考慮したシンプルな物まで出品いたします。是非ご覧ください。

    ギャラリーでお待ちしています。

     

    作品展日程

    12月17日(土)ーーー12月25日(日) ※最終日はpm5:00まで 

    ※20日(火)は定休日です。

    営業時間 am11:00 --- pm7:30

    ※作家在廊時間 pm1:00 --- pm7:30

     

    Gallery T.K.ART

    〒542-0086

    大阪市中央区西心斎橋1-10-5  

    Tel : 06-6282-1456  Fax : 06-6282-1457

     

     

    ■ブログコメント以外のアクセス(http://hc-kawabata.com)■

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    - | permalink | comments(0) | - | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする