hiro kawabata/ chiho kawabata

jewelry design
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Gallery T.K.ARTでの作品展のご案内(2019春) | main | GALLERY T.K.ARTでの新作展をWEB上で開催いたします(2020春) >>

GALLERY T.K.ARTでの作品展のご案内(2019秋)

0

    h/c.kawabata(ヒロカワバタ/チホカワバタ)

    ■ Email : info@hc-kawabata.com ■ 

    ■ Instagram : hc.kawabata_hirokawabata  ■

                          2019

         12月12日(木)〜12月25日(水)

             GALLERY T.K.ART

      h/c. kawabataジュエリー作品展

     

    2019年、この秋冬は、スケッチブックに描き込んだ曲線をデザイン化したドローイングコレクションの新作です。

    今までのペンや、鉛筆で描いたような均一的な今までの曲線表現に加えて今回は筆のタッチをイメージしたデザインにしようと考えました。

    “ハネ” や”トメ”を思わせる線の強弱が加わることで、曲線にメリハリが生まれます。

    さらに、二次元では混ざり合ってしまう複数の線も、三次元では何層にも重ねる事が出来るので、立体ならではの造形を表現出来る点がポイントです。

     

     

    作品展のご案内のメインビジュアルにも選んだネックレスです。

    躍動感を与えるためにあえて少し反り返ったフォルムを選びました。様々な方向に立体的に交差した曲線が重なり合っています。その重なった束感が特徴的です。

    付け方は、マンテル金具(丸い輪に棒を差し込む)スタイルの変形です。フロントのモチーフに全てを集約していますのでチェーンの部分は非常にスッキリとしています。

     

     

    縦に筆で描いた一本の線…。シンプルですが、立体的で印象的なピアスです。

    デザインされた縦長のシルエットのキャッチ部分が特徴で、耳を前後で挟み込む事で新鮮で奥行きのあるフォルムが生まれます。

    前と後ろのパーツ、それぞれの使い分けが出来ますので、幅広いシーンでお使いいただけます。

    最近では、右と左のピアスの大きさ変えたりと、シンメトリックをあえて外すのも流行していますので、

    右耳はフロントのみ、左耳は前後パーツをセットするなど、遊び心を取り入れて楽しんでいただきたいと思ってデザインしました。

     

    h/c.kawabata  ジュエリー作品展

    12/12(thu) ----12/25(wed)

    ギャラリー営業時間 am11:00 --- pm 8:00

    ※作品展期間中の作家在廊時間 pm1:00 --- pm7:30
    ※ 12月17日(火)は定休日です。 ※

     

    GALLERY T.K.ART
    〒542-0086
    大阪市中央区西心斎橋1-10-5
    TEL : 06-6282-1456  FAX : 06-6282-1457

     

    - | permalink | comments(0) | - | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする